瀬泊まり釣行どんなものがいるだろう?必要なものををまとめます。

釣り

Fun life styleもっちーです。

今回の記事は瀬泊まり釣行ではどのようなものが必要となるかまとめます。

今回の記事を読んでいただければ瀬泊まりする為必要なものが分かると思います。

ぜひ最後までお読みください。

瀬泊まり釣行とは?

瀬泊まり釣行とは、磯で長時間釣りをし、磯などの海上で寝泊りをすることを指します。

この瀬泊まり釣行では長時間釣りを出来ることはもちろん食事や寝泊りを大自然の中ですることで非日常的な体験をすることが出来ます。

昼も夜も釣りが出来るので、例えばですが日中にはプラグで青物を狙い、夜は底物狙いの餌釣りを行う。こんなことも可能です。

食事はお湯を沸かしカップラーメンを食べるも良し、小さい鉄板で焼き肉を行うも良し。釣りで体が疲れているからか本当にいつも食べているものが美味しく感じます。

私自身、九州へ年に数回釣り遠征に出向き、瀬泊まり釣行をしています。

私の感想としては、自分が通いなれた場所で釣りをするのはもちろん楽しいですが、いつもとは違う大物が掛かる可能性が比較的高い地域で長時間釣りを出来るのは本当に幸せな時間です。

経験したことがない方にはぜひこの釣り遠征と瀬泊まり釣行はしてほしいと思います。

次に瀬泊まり釣行で必要なものを挙げていきます。

皆さんが瀬泊まり釣行に向かう際、忘れ物がないように画像で下に張り付けておきます。

画像を保存し、チェックリストとして使用してみてください!

瀬泊まり釣行に必要なもの(釣り道具編)

瀬泊まり釣行特有な必要な釣具を説明します。

まずはクーラーについてクーラーはつもより大きいものが良いでしょう。

瀬泊まりでは港に帰ることが出来ないので釣れた魚を長時間冷やしておかないといけません。

たくさん釣れた時、クーラーが小さいと全部持って帰ることが出来ませんよね。

また、食料や飲料を冷やしておくためにも大きめの余裕があるクーラーが必要です。

私はスペーザホエールの60Lクーラーを使用しています。


次にルアーですが、いつもより多く持っていくことをおすすめします。

というのも長時間釣りが出来るので同じルアーばかりであると飽きてしまうことがあります。

なので、いつも使わないルアーも持って行っていれば、気分転換に投げることもできます。

いつも使わないルアーの良さに気づくタイミングになるかもしれなせんよ!(^^)!

次に交換用のリーダー、フック、フックシャープナー等です

何故上記のものが必要になってくるかですが、長時間釣りをしているとリーダーが痛んだり、魚に切られたりしてリーダーを交換しなければいけないことがあります。

その時の為にも余分にリーダー交換やフックを交換できる準備物を用意しておきましょう。

瀬泊まり釣行に必要なもの(睡眠&食事グッズ編)

瀬泊まりに必要な睡眠用グッズと食事の為に必要なものを説明します。

まずはテントですがソロ用のものをおすすめします。

この理由は磯に広い平らな場所が少ないからです。あまりに大きいと正しくテントを立てるのが難しくなってしまいます。

しかし、虫をよけることが出来、風も遮ることが出来るのでこのテントは快適に瀬泊まりするためにあったほうがあいいと思います。

レジャーシートですが、厚手のものを選びましょう。

このレジャーシートはテントの下に敷くので、あまりに薄いと破れてしまいテントも傷ついてしまいます。

次にピトンについてですが、テント付属のものがあるから必要ないのでは?こう思う人もいらっしゃるかもですが、テントを立てる場所は固い岩の上になることもあります。

ですので、ピトンのような岩に打ち込むことを想定したものである必要があります。

そして、固い岩の上で寝るのは痛いことがあります。

岩のゴツゴツした感じを軽減する為にキャンプ用のマットが必要となります。

これはエアーマットでもウレタンマットでも良いです。

エアーマットの方がコンパクトに収納できますし、ウレタンマットは破裂する心配がありません。

場所に応じて選びましょう。

寝袋についてですが、夏なら必要無いとは思いますが、冬はもちろん、春や秋でも夜は冷えるので準備しておくのが良いと思います。夜はとても冷えるので、、、

次に食事の為の道具(シングルバーナー、クッカー、焼き肉用鉄板等)は食事を楽しむために活躍します。

もちろんおにぎりなどでもいいのですが、暖かいものを食べることが出来るのはとても幸せな気持ちになります。

瀬泊まり釣行に必要なもの(その他編)

その他必要なものについて説明します。

まず下着、タオル、着替えなどは多めに持って行ったほうが良いです。

いつ濡れてしまうか分からないので着替え類は多く持っていきましょう。

レインウェアについては雨予報でなくても急な雨があるかもなので持っていきましょう。

またレインウェアは風も防ぐので防寒にもなります。

食材にあっては予定している料理に合わせ購入し持っていきましょう。また、飲み物は多めに持って行ったほうが良いです。釣りをしていると思っているよりも汗をかき水分を失うので。

にあっては家から持っていく必要はありません。

大きな漁港に行けば100円ほどでバラ氷を大量に購入できる場所があります。ネットで調べればいくつかの漁港が出てきます。

次に寒さを凌ぐ服ですがこれも大切です。釣りをしていいるときは寒く感じずむしろ暑いくらいかもしれません。

ですが夜になるとぐっと冷え込みますし、体も動かさないことが多いです。ですのでとても寒く感じます。

この寒さを凌ぐ服は大切です。

まとめ

いかがでしょうか。瀬泊まり釣行にはたくさんの必要品がありますね。

瀬泊まり釣行をしたいという方のために必要なものをまとめました。

この記事を読んで皆さんが忘れ物なく、釣行に迎えることが出来ることを願っています。

最後まで読んでいただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました