アウトドア、釣りにはもってこいのストリームトレイル ドライタンクD2 その使用感は?

アウトドア

Fun life styleもっちーです。

今回の記事はストリームトレイルのドライタンクD2についてです。

ストリームトレイルというブランドって?

このストリームトレイルというブランドは海、川、水辺、また様々な天候での機能性と使いやすさを追求した防水性の高いバッグを中心に開発しているバッグブランドです。

このブランドの特徴として防水性はもちろん、タウンユースでも使用できるオシャレさも備えています。

その製品にはバックパックからポーチ、財布等々その他たくさんのバッグを出しています。

ストリームトレイル ドライタンクD2について

このドライタンクD2シリーズは抜群の防水性能を誇るバックパックです。

表面の素材はターポリン素材であり、水に強く過酷な状況下でも裂けにくく摩擦にも強くなっています。

開口部は防水加工を施したフラップをロールダウン出来るようになっており、抜群の防水性能を発揮します。

多少の汚れは簡単に拭き取れるようになっているのでアウトドアシーンでもタウンユースでも使えます。

また、濡れたものをそのまま入れても水漏れせず、溜まった水はバッグ下部にあるドレインプラグから排出できます。

18L、25L、33L、40L、60Lと様々なサイズがあり各サイズ様々なカラーがあります。



ドライタンクD2良いポイント①防水性

このバックパックの防水性はやはり素材と作りが防水性を追求していることもあって、水中に飛び込んで長時間いるようなことをしない限り内部に水が入ることはないと思います。

釣りをしていると急な雨もあります。そんな時このバッグを使用していれば中に入れていたものが濡れません。

生地に水分が染み込まないのでタオル等でサッと拭けばすぐに乾くのも良い所です。

ドライタンクD2良いポイント②収納性

このバッグは内部にフックやポケットなど何もありません。

ですので、内部のスペースを無駄なくすべて収納として使えます。

私は60Lサイズを使用しています。このサイズであれば釣具だけでは余裕があり厚くなった時に脱いだ防寒ジャケットなども余裕をもって入れることが出来ます。

バッグの外にはベルトが多数付いており様々なものを掛けたり取り付けたりできます。

例としてですが私はこのようにウレタンマットをバンドで締めて釣り場に持っていきます。

ドライタンクD2良いポイント③背負い心地

私が一番感動しているポイントはこの背負い心地です。

荷物が多くなりとても重くなったバックを背負って長距離をある事がある地磯釣行ではこの背負い心地の良さが顕著に疲労度に直結します。

私はこのバッグを使用する前、ネットでもっと安いものを使用していましたが、その安価なものとは別次元で背負い心地が良いです。

この写真で分かるように肩バンドが幅広で一点に力が掛かることがないので肩が痛くなりにくいです。

また胸と腰にバンドがありこのバンドを締めることで重い荷物を肩バンドだけでなく胸と腰でも支えることが出来ます。

そしてこの背中に当たる部分にパッドが入っているので中の荷物が生地を通して背中にゴツゴツとした感触を与えることを防ぎます。

このような技術のおかげで長時間重い荷物を背負って歩くことが出来ます。

ドライタンクD2良いポイント④耐久性が高い

ネットではこのバッグより安価なものはたくさんあります。

しかしそういったものは岩にぶつけた時すぐに裂けたりしてしまいます。

私が使用していた安価なバッグも案の定傷が入って破れそうになっています。

一方このストリームトレイルのドライバッグD2は傷が入りにくく破れる気配は全くありません。

このバッグであれば1度購入すると長く使えると思います。

ドライタンクD2不満なポイント ポケットがない

このバッグの良い所としてポケットがないのでより多くのものを入れることが出来ると書きましたが、この良い所が不満な所でもあるんです。

大きなものはこのバッグに入れてもすぐに見つけ出せますが、小さいものをこのバッグに入れると底のほうに入ってしまい取り出すにはすべての荷物を出す必要があります。

これが結構めんどくさいです。小さなものは袋に複数のものとまとめて入れておく必要があります。

特に60Lサイズはポケットが一つもないので特にです。

私が不満に感じるのはそれだけです。

まとめ

いかがでしたか?今回ストリームトレイルのドライバッグD2についてまとめました。

総合的にかなりいいものであるので多くの人におすすめしたいバッグです。

ネットではもっと安いものがありますが簡単に破れてしまったり、背負い心地が悪く疲れるといったこともあります。

で少し高いですがこのバッグなら長期に渡って使うことが出来、また快適に釣りに向かうことが出来ると思います。

皆さん釣りがさらに楽しく快適なものになりますように願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました